福山臨床検査センター
<福山臨床HOME<事業案内<細胞・病理センター


事業案内:細胞・病理センター


 細胞・病理センターでは、増え続ける「がん」と向き合い、早期発見、早期治療に貢献すべく、メディカルテクノロジスト、パソロジストが一丸となり、新しい技術の取得に努めるとともに最新機器の導入を図り、日夜精度の向上に努めています。また細胞診分野においては、サイトテクノロジストの人材育成にも力を入れております。




会社案内を動画で見る

病理組織

 生検や手術により採取した組織から標本を作製し、良性・悪性の診断を行い、その治療方針の決定、治療経過の観察や予後の推定などに重要な役割を果たしています。
 必要な場合は、特殊染色や免疫組織化学染色を行い、診断に役立てています。
「エクスプレス」
当社では連続迅速自動固定包埋装置であるTissue-Tek Xpressを導入しており、従来のバッチ処理に比べて1/4の時間で処理が可能で、検体量や至急検体に迅速に対応して標本作製を行っています。


細胞診

 人体から採取した細胞から標本を作製し、良性・悪性の診断を行います。
組織診に比べ、患者に対する侵襲が少なく、短時間で診断を得ることができます。そのため、繰り返し検査を行うことができ、治療効果判定や経過観察などにも用いられています。
「スライドプレップ」
当社では、BDトータリス™スライドプレップを導入し、標準化されたプロトコルを用いて婦人科の膣部・頸部材料の標本作製を行っています。この方法で作製されたSure Path標本は、従来法に比較して、検体不適正率及び再検率を低減できます。高精度な細胞診検査結果が報告できるよう、精度管理の向上に努めています。

<福山臨床HOME<事業案内<細胞・病理センター