進化した検査依頼システム「エフエム0(オー)」
電子カルテは導入していないが、将来的に電子化を進めていきたいとお考えの医療機関様。
複数の医師が診療に係わっている医療機関様、採血業務の効率化、過誤防止に取り組んでおられる医療機関様にお勧めします。
私たちが提案する、進化した検査依頼システム「エフエム0」は、医療機関で使用されるパソコンにインストールするだけで使用可能になります。
検査依頼情報を入力するだけで、依頼書・検体容器ラベル発行まで行うことができます。
検体採取容器間違いや依頼書記入ミスなど過誤防止にも効果を発揮します。
レセプトコンピューターとの連携により、患者属性(ID・名前・性別・生年月日)がそのまま反映されますので、更に使いやすくなり効果を発揮します。(※注)
お気軽に当社営業担当者までお問い合わせください。
>>各事業所一覧はこちらへ
>>新規開業支援・新規お取引に関するお問合せはこちらへ

検査依頼書 検査依頼書 ラベル ラベル 検体 検体 検査依頼書と検体 検査依頼書と検体


「エフエム0」の特徴
  • ◆電子カルテを使用していなくても導入できます。
  • ◆パソコンにインストールするだけで、使用可能になります。
  • ◆レセプトコンピューターとの連携により、患者属性の依頼書記入間違いがなくなります。(※注)
  • ◆複数の診察室や病棟からも検査依頼が行えます。
  • ◆院内の臨床検査システムとも連携が可能になります。(※注)

エフエムOとは
FUKUYAMA MEDICAL LABORATORY ordering system
FMLが提案するオーダリングシステムの略です

(※注)一部のレセプトシステムのメーカーによっては、対応できない場合がございますので、詳しくは当社営業担当者にお尋ねください。