福山臨床検査センター

放射線と放射能を理解するために
空間線量率の測定ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー食品に含まれる放射能の検査環境放射線および環境放射能の検査基本用語放射線と放射能を理解するために
空間線量率の測定
平成23年3月11日の原子力発電所の事故で、放射性物質が原子力施設外に放出されました。このため、各地域住民の放射線防護のためにその場所の空間放射線量率を測定することが重要となります。
当社では、環境の空間放射線量率を測定として、γ線のエネルギー特性に依存して感度を補正するNaI(Tl)シンチレーション式サーベイメータを用意しています。 また、機器や容器の表面汚染を測定するGM計数管式サーベイメータも準備しております。

空間線量率の測定
空間線量率の測定