福山臨床検査センター
<福山臨床HOME<花粉情報<花粉測定地点・方法

花粉測定地点・方法

空中飛散花粉の観測地点・方法



1.観測地点 福山臨床検査センター 本社
    (住所:広島県福山市草戸町1−23−21)

福山臨床検査センター 高松支所
    (住所:香川県高松市太田下町2643−1)2009年〜

    (住所:香川県高松市仏生山町甲185−4)1997年〜2008年


2.観測方法
(1)空中花粉採取器 ダーラム型(重力法)
(2)花粉採取時間 24時間
(3)標本交換/計測時間 午前9時
(4)計測方法 カバーガラス内(18mm四方:3.24cm2)に付着している
スギ・ヒノキ科花粉を計測し、1
cm2あたりに換算する。
(5)観測開始日 毎年2月1日より計測開始。
(6)観測終了日 毎年5月10日まで計測実施。

3.観測対象花粉
1 スギ (Cryptomeria japonica)
花粉形状は「単口カギ状突出有心型」、サイズは35µm前後。
飛散ピークは3月上〜中旬、飛散期間は2〜4月と長い。
2 ヒノキ (Chamaecyparis obtusa)
花粉形状は「単口有心型」、サイズはスギよりやや小型で30µm前後。
飛散ピークは4月上旬。スギと共通抗原を持つ。

[参考] 「スギ花粉のすべて」 佐藤紀男/高橋裕一/村山貢司 著 (株)メディカルジャーナル社



〜 花粉測定の実際 〜
1.スライドガラスにワセリンを塗布する。
空中飛散花粉を粘着させるためにワセリンを塗布します。 あとでカバーガラスを被せて顕微鏡でみるため、予め丸ガラス棒で均一にしておきます。
2.ダーラム型 空中花粉採取器に(1)のスライドガラスをセットし24時間待つ。
ダーラム型 空中花粉採取器


2枚の円盤の間にある台座にスライドガラスをセットします。


3.スライドガラスに固定染色封入剤(GVグリセリンゼリー)の小片をのせ、カバーガラスを被せる。




4.パラフィン伸展器を用いて加温し、固定・染色・封入する。
 カバーグラスとスライドガラスの間に置かれたGVグリセリンゼリーは加熱される事で溶解し、カバーガラス一杯に広がります。この時、ゼリーに含まれているアルコールや染色液などの成分により固定・染色されます。
 加温を止めるとまた固まって封入され、標本は完成です。


5.顕微鏡で計測する。カバーガラス内(18mm四方:3.24cm2)に付着しているスギ・ヒノキ科花粉を カウントし、1cm2あたりに換算する。
 スギとヒノキ科花粉は形態的に良く似ていて、標本の上では100%区別しきれません。
 そこで、計測はスギ・ヒノキ科を合計した総数を報告しています。
飛散時期では3月上旬頃にスギのピークがあり、少し遅れて4月上旬頃にヒノキのピークがやって来ます。
( 写真はスギ花粉をGVグリセリンゼリーで染色したものです )



<福山臨床HOME<花粉情報<花粉測定地点・方法