福山臨床検査センター

放射能検査 目次
 平成23年(2011年)3月の福島第一原子力発電所事故の影響により天然には存在しない放射性物質が大量に放出され、食品・水道水・大気・海水・土壌等から事故由来の放射性物質が検出されました。現在では、健康被害や風評被害の防止のために様々な基準値が定められています。基準値を順守し、目に見えない放射性物質の脅威から安全・安心な生活を守っていくためには、放射性物質の量を知る必要があります。
 本サイトでは、放射能測定についてご案内させて頂くと同時に少しでも放射線・放射能のことを理解する手助けになればと思い「放射線と放射能を理解するために」を作成いたしました。

放射能検査

放射能測定のご案内
放射能濃度空間線量率放射性セシウムの基準値等
放射線と放射能を理解するために
基本用語
放射性物質放射能放射線線量天然放射線と人工放射線半減期
外部被ばくと内部被ばく
環境放射線および環境放射能の検査
天然放射線環境放射能天然放射線と人工放射線日常で受ける放射線
食品に含まれる放射能の検査
食品中の放射性物質の新たな基準値食品中の放射性物質の測定
ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
空間線量率の測定